2024年06月06日 11時47分

Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

三菱重工サーマルシステムズ、中小型配送車両向け電動式輸送用冷凍ユニット「TEKシリーズ」を新たに販売開始
欧州の配送ニーズに合わせ、従来の輸送用ユニットを薄型化

東京, 2024年6月6日 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱重工サーマルシステムズ株式会社(社長:伊藤 喜啓、本社:東京都千代田区、以下、三菱重工サーマルシステムズ)は、中小型トラックなどに搭載可能な薄型の電動式輸送用冷凍ユニット「TEKシリーズ」を、欧州販売会社であるMitsubishi Heavy Industries Thermal Transport Europe GmbH(MTTE、代表取締役:Bjoern Reckhorn、本社:ドイツ・オスナブリュック)を通じて販売開始しました。2019年度省エネ大賞「資源エネルギー庁長官賞」(注1)と2021年度日本冷凍空調学会「技術賞」(注2)を受賞した「TE20・30シリーズ」の搭載可能範囲を中小型の配送車両などにも拡大するため、小型化すると同時に冷凍能力・加温能力向上を実現したものです。

TEKシリーズでは、TE20・30シリーズでも高く評価されているプラグインハイブリッドシステムを採用しています。商用電源(プラグイン電源)と冷凍機専用発電機を併用することで、走行・停止など車両の状態に合わせ、プラグイン充電、走行充電とバッテリー運転の自動切り替えが可能です。また、冷凍機のバッテリー残量や庫内温度に応じて3つのモード(パワーセーブ、高効率、ハイパワー)に自動で切り替わります。車両の駐停車中やアイドリングストップ中にも冷凍機の運転が続けられるため、配送ドライバーは冷凍機の操作を行うことなく運転・配送に集中でき、食品や薬品の輸送で求められる高い水準で庫内温度を維持・管理することが可能です。

エバポレーター(注3)には新型ファンを採用し、風量と冷凍能力向上を実現するとともに、吹き出し口を最適化したことで、より短時間での目的温度の達成と庫内全体の温度維持を可能としました。マルチシステムも採用しており、サイズの異なる3種類のエバポレーターを、仕切りのある荷室内に設置し、荷物の量や中身に応じた適切な温度を複数設定できます。欧州の低外気地域における加温能力強化に対する要望には、回路変更により圧力維持機能を見直すことで対応。マイナス20℃の環境下での加温能力は「TE20・30シリーズ」と比べて約1.5倍向上しています。

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大以降、欧州では、スーパーマーケットなどによるホームデリバリーや薬品の安全輸送という観点から、市内配送に最適な中小型トラックでの定温輸送に対するニーズが高まっています。TEKシリーズは、冷凍機の搭載スペースが少ないこれらの車両に積載可能なコンパクト性・汎用性を実現したもので、よりコンパクトな冷凍機を求める欧州の市場ニーズに応えます。

三菱重工サーマルシステムズは今後も、電動式輸送冷凍機のインバータ制御を活用した省エネ性や温度制御性の向上、ヒートポンプシステムやマルチシステムの利点を生かしたCO2削減と省エネに役立つ技術・製品開発などを通じて、物流業界の働き方改革、輸送効率化、環境性能などの課題に取り組み、安心安全な輸送の実現に力を注いでいきます。

URL https://www.mhi.com/jp/news/24060601.html 

Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
セクター: エネルギー, エンジニアリング, 宇宙・防衛, 建設, EV, Smart Cities

Copyright ©2024 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


MHIEC、横浜市保土ケ谷区の一般廃棄物焼却施設建替工事を受注
2024年06月06日 15時12分
 
三菱造船、LNG燃料ガス供給システム(FGSS)2基を追加受注
2024年06月05日 11時47分
 
三菱重工、「デジタルトランスフォーメーション(DX)グランプリ2024」を初受賞
2024年05月30日 15時00分
 
MHIET相模原工場内の水素専焼エンジン発電セット実証設備および水素供給設備が完成
2024年05月29日 14時00分
 
出光興産、ENEOS、トヨタ自動車、三菱重工業、自動車向けカーボンニュートラル燃料の導入と普及に向けた検討を開始
2024年05月27日 14時00分
 
三菱重工と日本ガイシ、バイオエタノールとe-メタノールの膜分離脱水システムを共同開発
2024年05月22日 14時00分
 
三菱重工、防衛省向け3,900トン型護衛艦「やはぎ」を長崎にて引渡し
2024年05月21日 16時16分
 
三菱重工、南フランス・核融合実験炉イーター向けダイバータ外側垂直ターゲット12基を追加受注
2024年05月20日 13時00分
 
三菱重工など、電力系統の混雑緩和を実現するシステムのフィールド実証を開始
2024年05月10日 11時50分
 
スパークス・グループによる「宇宙フロンティア2号ファンド」の設立について
2024年04月26日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>