2022年07月22日 12時00分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自、三菱UFJ銀行との協業について発表

東京, 2022年07月22日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤隆雄、以下「当社」)は、株式会社三菱UFJ銀行(本店:東京都千代田区、取締役頭取執行役員:半沢淳一氏、以下「三菱UFJ銀行」)と、カーボンニュートラル社会の実現に向けた協業に関する協定書(以下「本協定」)を締結いたしました。

昨今、カーボンニュートラル社会の実現に向け、世界的な気候変動問題への対応が急務となる中、企業を中心に温室効果ガス(Greenhouse Gas、以下「GHG」)排出量の削減等が喫緊の課題となっております。

当社は2009年6月に世界初の量産電気自動車として『アイ・ミーブ』を発売して以来、電動化技術をリードしてまいりましたが、今般、三菱UFJ銀行と本協定を通じて包括的なパートナーシップを結び、GHG排出量削減に向けた企業の取り組みをより一層支援してまいります。

その一環として、まずは『eKクロスEV』『ミニキャブ・ミーブ』という軽電気自動車ラインナップを有する当社を、三菱UFJ銀行の顧客基盤・ネットワークを活用して、全国の法人のお客様に広くご紹介いただきます。

さらには、「MUFGカーボンニュートラル宣言」に基づき、三菱UFJ銀行及びその関連会社が有する幅広いソリューション提供を受けながら、当社サプライチェーン全体で脱炭素化に向けた取り組みを継続してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2022/detail5636.html

三菱自動車について

三菱自動車はSUVづくりのノウハウとラリーで培った四輪制御技術、そして電動化技術に強みをもつ自動車メーカーです。ルノー、日産とのアライアンスメンバーであり、日本をはじめ、タイ、インドネシア、中国、フィリピン、ベトナム、ロシアなどに生産拠点があり、グローバルで30,000名以上の従業員を擁しています。
2009年には世界初の量産EVであるアイ・ミーブ、2013年には世界初のSUVタイプのプラグインハイブリッドEVであるアウトランダーPHEVを発売するなど電動車普及に取り組んでまいりました。
2020年には新環境計画パッケージを策定し、脱炭素化社会の実現に貢献しながら、行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したいというドライバーの想いに応えるクルマづくりを推進しています。
詳細については、当社ホームページをご覧ください。 https://www.mitsubishi-motors.com/jp/


セクター: 自動車

Copyright ©2022 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>