2021年03月31日 12時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、DXの加速に向けコーポレートベンチャーキャピタルファンドおよび運用子会社を設立
国内外の有望なスタートアップに100億円規模の投資を実行

東京, 2021年03月31日 - (JCN Newswire) - 当社は、このたび、総額100億円のコーポレートベンチャーキャピタル(以下、CVC)ファンドである「合同会社富士通ベンチャーズファンド」を2021年4月1日に組成し、新たにCVCファンド運用子会社「富士通ベンチャーズ株式会社」による運用を開始します。

当社は2006年に1号CVCファンドを設立して以来、2010年に2号ファンド、2015年に3号ファンドを設立して国内外の有望なスタートアップへの投資を実行し、一定の成果を挙げてきました。また、2015年にはベンチャー共創活動「FUJITSU ACCELERATOR」を開始し、スタートアップ100社以上との協業を推進しているのに加えて、2020年には「Strategic Growth & Investment室」を新設し、スタートアップ投資を含む当社グループの非連続的成長(Inorganic Growth)活動を主導しています。

昨今のビジネス環境において、イノベーションの創出ならびにDX(デジタルトランスフォーメーション)の加速を目指すうえで、革新的なスタートアップとの連携は重要性を増すばかりです。このため、当社経営方針における重要施策である成長投資の一環として、新CVCファンドの組成により「Strategic Growth & Investment室」のスタートアップ投資機能をさらに強化し、より柔軟かつ迅速な投資活動の実現を目指します。また、スタートアップと当社との協業においては「FUJITSU ACCELERATOR」との連携をさらに密接にし、DXを支えるテクノロジーの強化に加え、ビジネス機会創出と新事業を推進するための投資を実行していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/03/31.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, IT

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NTTと富士通、「持続可能な未来型デジタル社会の実現」に向けた戦略的業務提携に合意
2021年04月26日 13時00分
 
富士通など8社、個人と企業が互いの成長に貢献し合う関係性の社会実装を目指す「キャリアオーナーシップとはたらく未来コンソーシアム」を発足
2021年04月20日 10時30分
 
富士通、グループにおける温室効果ガス排出削減目標を「1.5度水準」に引き上げ
2021年04月16日 10時00分
 
富士通、モビリティデータの利活用を支援する統合基盤「Digital Twin Collector」を販売開始
2021年04月15日 10時00分
 
富士通、法人向けパソコン・タブレット・シンクライアント計9機種を新発売
2021年04月13日 10時30分
 
富士通、気象庁の「地域気象観測システム」などの中枢システムを刷新し、同庁のシステムを集約する仮想化基盤「気象庁情報システム基盤」上で統合運用開始
2021年04月13日 10時00分
 
富士通、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアとのパートナーシップにより、製造業のグローバル競争力強化とDX加速、およびSDGs達成を支援
2021年04月12日 11時00分
 
富士通、「GIGAスクール構想」に対応した漢検協会のデジタル学習コンテンツを国内初提供
2021年04月09日 10時00分
 
富士通とトレンドマイクロ、商用化に向けたローカル5G対応のサイバーセキュリティソリューションを実証
2021年04月08日 10時00分
 
富士通とパロアルトネットワークス、ゼロトラストネットワーク事業で協業
2021年04月07日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>