2021年04月13日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、気象庁の「地域気象観測システム」などの中枢システムを刷新し、同庁のシステムを集約する仮想化基盤「気象庁情報システム基盤」上で統合運用開始

東京, 2021年04月13日 - (JCN Newswire) - 当社は、気象庁(本庁所在地:東京都港区、長官:長谷川 直之)様の全システムを統合運用するための仮想化基盤「気象庁情報システム基盤」上で、「地域気象観測システム」(通称:「アメダス」、注1)、「気象情報伝送処理システム」(以下、「アデス」、注2)、「潮位データ総合処理システム」(注3)を運用するため、3システムを刷新の上、「気象庁情報システム基盤」上に移行しました。新システムは、2021年3月より、気象庁様により運用が開始されました。

仮想化基盤上に全業務システムを集約統合するための「気象庁情報システム基盤」は、2020年に当社が構築して以降、順次、業務システムの移行が開始されており、このほど、大規模な中枢システムである、気象観測データの収集、計算、配信を担う「アメダス」、防災気象情報を国内の行政機関や報道機関などに配信するネットワークである「アデス」、および高潮や津波などに関するリアルタイムな情報配信を担う「潮位データ総合処理システム」を全面移行しました。

気象庁様は、仮想化基盤へのシステム移行により運用負荷やコストの削減、システム開発スピードの向上を実現するとともに、防災や減災に向けたデータ利活用を加速させ、気象予測の精度向上など、気象業務をより強化していく予定です。

当社は、本システムを通じて、気象庁様における国民の安全や日常生活に不可欠な防災気象情報の正確かつ迅速な提供や一層の業務効率化に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/04/13.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, IT

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、イオンリテールが店舗のスマートストア化に向けて、AI映像解析ソリューション「GREENAGES Citywide Surveillance」を採用
2021年05月13日 11時00分
 
富士通、ハンズフリーで多言語音声翻訳が可能な新ソリューション「TRISY」を提供開始
2021年05月13日 10時00分
 
NTTと富士通、「持続可能な未来型デジタル社会の実現」に向けた戦略的業務提携に合意
2021年04月26日 13時00分
 
富士通など8社、個人と企業が互いの成長に貢献し合う関係性の社会実装を目指す「キャリアオーナーシップとはたらく未来コンソーシアム」を発足
2021年04月20日 10時30分
 
富士通、グループにおける温室効果ガス排出削減目標を「1.5度水準」に引き上げ
2021年04月16日 10時00分
 
富士通、モビリティデータの利活用を支援する統合基盤「Digital Twin Collector」を販売開始
2021年04月15日 10時00分
 
富士通、法人向けパソコン・タブレット・シンクライアント計9機種を新発売
2021年04月13日 10時30分
 
富士通、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアとのパートナーシップにより、製造業のグローバル競争力強化とDX加速、およびSDGs達成を支援
2021年04月12日 11時00分
 
富士通、「GIGAスクール構想」に対応した漢検協会のデジタル学習コンテンツを国内初提供
2021年04月09日 10時00分
 
富士通とトレンドマイクロ、商用化に向けたローカル5G対応のサイバーセキュリティソリューションを実証
2021年04月08日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>