2022年04月26日 12時00分

Source: Honda

Honda、「生物多様性のための30by30アライアンス」に参画

東京, 2022年04月26日 - (JCN Newswire) - Hondaは、地球環境保全の重要な取り組み課題である「生物多様性保全」に取り組む「生物多様性のための30by30アライアンス」に参画します。

「30by30」は、2030年までに陸と海の少なくとも30%の保全・保護を目指す国際的な目標として、2021年10月に開催された生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)第一部で議論され、今後開催予定のCOP15第二部で採択されることが見込まれています。生物多様性のための30by30アライアンスは、30by30目標の国内達成に向けた仕組みの構築を目指し、環境省を始めとした行政、企業、NPOなどの有志連合として設立されました。

Hondaは、30by30目標達成のため、国立公園などの保護地域の拡張と管理の質の向上、保護地域以外にある里地里山や企業林など生物多様性保全が図られている地域(OECM※1)の設定・管理、またその保全の促進といった30by30アライアンスの取り組みに積極的に参加していきます。

Hondaの生物多様性保全

Hondaは、自社の企業活動が生物多様性に影響を及ぼす可能性があることを認識し、1960年代からその保全につながる活動に力を入れてきました。当時から工場での植林活動や工業用水の循環利用を行い、1976年には各事業所において「ふるさとの森」づくり活動を開始しました。

現在も、地球環境を守る活動として各事業所で自治体・地域などと連携し、里地里山保全活動や森林保全活動に加え、Honda独自の環境保全活動である「HondaWoods※2」「ハローウッズ※3」「Hondaビーチクリーン活動※4」など、さまざまな環境保全活動に取り組んでいます。

また、こうした環境への取り組みをさらに進めるため、2011年には「Honda生物多様性ガイドライン」を制定し、「環境技術の追求」「企業活動での取り組み」「地域社会との連携」「情報の開示と共有」などの重点取り組み領域を定め、積極的に推進しています。

Hondaは豊かな自然、クリーンな海、全ての人の安全、子供たちが自由に夢を叶える未来、みんなが暮らしやすい社会など、夢のある明日の社会づくりを目指しています。今後も、喜びを次世代につなげる活動に積極的に取り組んでいきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2022/c220426.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Source: Honda
セクター: 自動車

Copyright ©2022 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


茨城県常総市とHonda、AIや知能化マイクロモビリティを活用した「AIまちづくりへ向けた技術実証実験に関する協定」を締結
2022年07月04日 16時00分
 
Hondaを「見て、遊んで、体感」できるイベント「Enjoy Honda 2022」を開催
2022年07月01日 11時30分
 
Honda、新型「CIVIC e:HEV」を発売
2022年06月30日 10時00分
 
Honda Sustainability Report 2022を発行
2022年06月29日 16時00分
 
Honda、2022年5月度 四輪車 生産・販売・輸出実績を発表
2022年06月29日 15時00分
 
Honda、スタンレー レディス ホンダ ゴルフ トーナメント開催について
2022年06月29日 10時00分
 
Honda、新型「STEP WGN(ステップ ワゴン)」受注状況を発表
2022年06月27日 17時00分
 
Honda、持続可能な航空燃料の評価団体へ加入
2022年06月23日 12時00分
 
Honda、「FREED/FREED+」を一部改良 併せて、より上質で洗練された内外装デザインの特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」を設定し同時発売
2022年06月23日 11時30分
 
Honda、原付二種スクーター「Dio110」のカラーバリエーションを変更し発売
2022年06月23日 11時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>