2022年10月04日 16時00分

Source: Toyota Motor Corporation

TOYOTA、RAV4を一部改良
あわせてオフロードイメージをより強化した特別仕様車を設定

豊田, 2022年10月04日 - (ACN Newswire) - TOYOTAは、RAV4を一部改良するとともに、プラグインハイブリッドシステム搭載車をZグレードとして設定。あわせてAdventureグレードに特別仕様車 Adventure“OFFROAD package II”を設定し、10月4日に発売しました。

主な変更・改良内容

- RAV4 PHVをRAV4のZグレードとして設定
- プリクラッシュセーフティに交差点右折時の対向直進車、および右左折時の対向方向から横断してくる歩行者を検知する機能を追加するなど、Toyota Safety Senseの機能を拡大
- コネクティッドナビ対応のディスプレイオーディオを採用。10.5インチの大画面ディスプレイを設定*1したほか、クルマがWi-Fi(R)スポットになる「車内Wi-Fi(R)」*2を採用
- デジタルインナーミラーに録画機能を採用
- ナノイーX*3を標準装備など

主な特別装備(ベース車:Adventureグレード)

- 外板色にアティチュードブラックマイカ×アーバンカーキなど専用のツートーンを2色設定
- フロントバンパー、ドアミラーなどに、塗料を塗り重ねつくり出した、凸凹があり艶を抑えた質感の「GORI GORI BLACK塗装」を施し、オフロードイメージを強調

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/38084550.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota Motor Corporation
セクター: 自動車

Copyright ©2022 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>