2022年10月05日 12時00分

Source: Sony

ソニー、独自におい制御技術Tensor Valve(TM)テクノロジーを開発
学術研究・企業用途の「におい提示装置」発売

東京, 2022年10月05日 - (ACN Newswire) - ソニーは、嗅覚(きゅうかく)にアプローチする新たな価値の創出に向け、嗅素(においの素)を手軽に制御するTensor Valve(TM)(テンソルバルブ)テクノロジーを独自開発しました。

この技術を応用し、今後様々な「感動」と「安心」を提供していきます。同技術を搭載した最初の商品として「におい」に関連した研究や測定を行うためのにおい提示装置『NOS-DX1000』を発売します。

医療機関をはじめ、研究機関、自治体等において、嗅覚測定や嗅覚トレーニング、またにおいサンプルの確認や検証など、においにまつわる研究や測定の用途に展開します。

※本機は、治療や診断などの医療を目的とした機器ではなく、研究用途向けとなります。

ソニーグループのPurpose(存在意義)は、「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす。」です。人の感動体験のベースとなる五感の中で、ソニーがこれまで主に取り組んできたのは「視覚」「聴覚」の領域でした。また、「触覚」と連動した体験価値の提案も進めています。今回、「嗅覚」に関する技術開発テーマを加えることで、新たな価値創出をめざします。

(商品名)におい提示装置
(型名)『NOS‐DX1000』
(発売日)2023年春
(価格)オープン価格

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/corporate/information/news/202210/22-033/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony
セクター: IT, デジタル

Copyright ©2022 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>