2023年03月16日 13時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

三菱重工エンジン&ターボチャージャ、2,000kW高効率&コンパクト、ガスエンジンコージェネレーションシステムの販売開始

東京, 2023年03月16日 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社(MHIET、社長:梶野 武、本社:相模原市中央区)は、高い発電効率とパッケージサイズのコンパクト化を実現した発電出力2,000kWガスコージェネレーションシステム「SGP M2000」を新たに開発しました。2,000kW級では世界最高水準の発電効率44.3%を誇る16気筒新型ガスエンジン「G16NB」をコージェネレーションシステム(注1)としたもので、国内市場向けに4月1日から本格販売を開始します。

SGP M2000は、従来のMHIET製1,000kWガスコージェネレーションシステムと比べて発電効率が1.8ポイント向上したことで、発電に伴う排出CO2を低減できます。また、同一排気量でありながら出力向上を実現したほか、設置面積を約40%低減し、従来は大型設備の導入が難しかった都市部のビルなど、限られたスペースへの導入も可能としました。これまで、MHIET相模原工場の自家発電施設など複数箇所で合計5万時間超の運転を実施済みで、年間を通じた高いパフォーマンスと十分な信頼性を確認しました。

G16NBは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「戦略的省エネルギー技術革新プログラム(注2)」の助成を受け、MHIET(当時、三菱重工)が開発したものです。新型高強度ピストン採用によるシリンダー内最高圧力の増大、二段過給システム採用による高ミラーサイクル化、新開発コントローラーによる気筒ごとの点火時期最適制御といった新技術を適用することで、2,000kW級ガスエンジンでは世界最高水準となる発電効率を達成しています。

省エネルギーによる環境負荷低減効果が期待できるコージェネレーションシステムは、カーボンニュートラル実現に向け一層推進するべき分散型エネルギーリソース(DER:Distributed Energy Resources)の1つとされています。再生可能エネルギーの普及などに伴う電源の多様化に対し、高い起動性を有する同システムは電力網の調整力などに貢献します。また、大規模災害などによる停電時に対応可能であることから、レジリエンス(注3)の強化という点でも市場ニーズが高まることが想定されます。

MHIETは、SGP M2000の普及を通じてDERの価値向上に貢献するとともに、適用した新技術を活用したガスエンジンにおける水素利用技術の開発などにも積極的に取り組み、カーボンニュートラル社会の実現に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/23031601.html

三菱重工グループについて

三菱重工グループは、エンジニアリングとものづくりのグローバルリーダーとして、 1884年の創立以来、 社会課題に真摯に向き合い、人々の暮らしを支えてきました。長い歴史の中で培われた高い技術力に最先端の知見を取り入れ、カーボンニュートラル社会の実現 に向けたエナジートランジション、 社会インフラのスマート化、サイバー・セキュリティ分野 の発展に取り組み、 人々の豊かな暮らしを実現します。 www.mhi.com/jp

Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
セクター: エネルギー, エンジニアリング, 宇宙・防衛, 建設, EV, Smart Cities

Copyright ©2024 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱造船、WinGD社製舶用エンジン向けアンモニア燃料供給装置の基本設計を完了
2024年02月22日 18時00分
 
三菱重工、CDPの気候変動レポートにおいてリーダーシップレベルのA-評価を獲得
2024年02月19日 12時00分
 
三菱重工、ウズベキスタン向けに最新鋭JAC形GTCC発電プラントを受注
2024年02月13日 17時00分
 
三菱重工、「ニッセイ・ポジティブ・インパクト・ファイナンス」契約を締結
2024年02月09日 16時02分
 
三菱重工、JAXAのX線分光撮像衛星「XRISM」による初期観測画像取得の成功に貢献
2024年02月09日 13時00分
 
三菱重工、英国初となるセメント工場向けCO2回収プラントの基本設計(FEED)を新たに受注
2024年02月06日 13時30分
 
三菱重工、人事異動を発表
2024年01月22日 14時30分
 
三菱造船、日本サルヴェージ向け海難救助船兼曳船「航洋丸」の命名・進水式を下関で実施
2024年01月12日 15時00分
 
三菱造船と日本シップヤード、2028年以降の国際間大規模液化CO2海上輸送の実現に向けて液化CO2輸送船の共同検討に関する覚書を締結
2023年12月27日 15時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、欧州向けヒートポンプ式給湯暖房機に新シリーズ「Hydrolution EZY」を追加
2023年12月25日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>