2021年05月13日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、イオンリテールが店舗のスマートストア化に向けて、AI映像解析ソリューション「GREENAGES Citywide Surveillance」を採用
AIカメラシステムで安心・安全な店舗運営や接客品質の向上を実現

東京, 2021年05月13日 - (JCN Newswire) - この度、当社のAI映像解析ソリューション「Fujitsu Technical Computing Solution GREENAGES Citywide Surveillance(グリーンエイジズ シティワイド サーベイランス)」(以下、「Citywide Surveillance」)がイオンリテール株式会社(注1)(以下、イオンリテール)様の店舗におけるAIカメラシステムに採用されました。

当ソリューションを活用したAIカメラシステムは、店内のカメラ映像から来店したお客様の行動を分析・学習することで、店内の人数をリアルタイムにカウントし混雑状況を検知するほか、接客を必要とするお客様をいち早く把握し従業員に通知、また未成年者への酒類販売防止などを強化し、安心・安全な店舗運営や接客品質の向上を実現します。さらに各売場におけるお客様の通過や立寄り、商品を手に取るといった様々な行動情報を取得して分析・学習することで、客観的なデータに基づく店内レイアウトの改善やマーチャンダイジングにも活用されます。当システムは2021年5月中に「イオンスタイル川口」(埼玉県川口市)において運用を開始し、2021年度中に本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」76店舗に展開する予定です。

当社は今後、「Citywide Surveillance」に人流シミュレーション技術を組み合わせることで、お客様の行動予測を行い、店舗回遊の観点から、最適な店内レイアウトや店舗計画の立案、さらには投資判断を支援するサービスの提供を、2021年度中を目標に開始する予定です。当社は「Citywide Surveillance」を通じて、イオンリテール様をはじめとするリテール企業が目指す、ニューノーマルな社会における快適な買い物体験を提供する店舗の運営に貢献していきます。

背景

イオンリテール様ではこれまで、接客や酒類の販売に際しての声掛け、レイアウトの検討などについて経験に基づいた判断が優先されており、お客様と従業員双方の3密を避けた、店舗運営のニューノーマル化を進めるなかで、従来のマーチャンダイジングや店舗づくりからの脱却が課題となっていました。

イオンリテール様は2020年より「店舗のスマートストア化」を推進し、スマートフォン端末を活用した会計システムを導入するなど、様々な取り組みを実施してきました。さらに、この度、当社の「Citywide Surveillance」を既存の店内カメラと組み合わせる形で導入し、安心・安全な店舗運営や接客品質の向上を実現するAIカメラシステムの運用を開始します。

「Citywide Surveillance」のAIによる店舗分析の特長

1.AIを活用した人物検知、年代推定機能による安心・安全な店舗運営や法令順守の支援
- 店内の人数をリアルタイムにカウントし混雑状況を検知することで、3密を避けた店舗運営を支援します。
- レジ前のカメラで取得した映像をもとにAIでお客様の年代情報を分析し、未成年者と推定した場合、レジ従業員に通知します。従業員はAIからの通知を元にお客様に声掛けし、未成年者への酒類販売を防止します。
- 一般的な映像解析で用いる顔の特徴を取得せずに、体格や服装などの特徴から人物検知や属性(性別、年代)を推定できるため、マスク着用時でも高精度な解析が可能です。また個人情報を取得しないため、お客様のプライバシーに配慮した上で、収集データを活用することができます。

2.接客対象者検知による接客品質の向上
- 人物行動検知技術を用いて取得する、お客様の商品への手伸ばし行動の情報や売り場での滞在時間をもとに、購買意欲が高いと推定されるお客様を検知して従業員へ通知することで、迅速かつ最適なタイミングでの接客につなげます。商品選びで迷っているお客様への迅速なフォローを行うことにより、顧客満足度を高めるとともに販売効率の改善を実現します。

3.顧客行動分析データに基づく店舗計画
- 来店するお客様の人数、属性、回遊特性をAIで分析・学習することで、客観的なデータに基づいた、より買い物しやすい店内レイアウトや品揃え計画の立案を支援します。

今後の展開

「Citywide Surveillance」を導入したAIカメラシステムは、今年度中に本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」76店舗へ展開していきます。当社は今後、当システムに人流シミュレーション技術も組み合わせることで、店内レイアウト変更後のお客様の購買行動の変化を予測し、より合理的なレイアウトの立案や店舗運営を支援するなど、スマートストア化を目指すリテール企業に向けて、ニューノーマルにおける快適な買い物体験を実現するサービスを提供していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/05/13-1.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, IT

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、コロナ禍のスポーツイベントの安全運営と収益性向上に寄与、座席配置を「デジタルアニーラ」で高速に最適化する検証で有効性を確認
2021年06月17日 16時00分
 
富士通、新型コロナワクチンの接種について
2021年06月15日 16時00分
 
富士通、「DX注目企業2021」に選定
2021年06月07日 18時00分
 
富士通、自己株式の取得状況に関するお知らせ
2021年06月07日 15時20分
 
富士通、サントリーロジスティクスにおいて、フォークリフト操作のAI判定システムにより安全運転評価業務を効率化
2021年06月02日 10時15分
 
富士通Japan、診療所向け電子カルテシステムとWelbyのPHRプラットフォームを連携開始
2021年05月31日 10時00分
 
NECなど、東京大学「量子ソフトウェア」寄付講座の設置について
2021年05月24日 14時00分
 
富士通、リクルートの新コンセプトオフィスにタッチレスでの買い物を実現するAIレジレスシステムを導入
2021年05月19日 10時00分
 
楽天モバイルと富士通、Open RANソリューションの共同開発およびグローバル展開に向けて連携
2021年05月18日 10時00分
 
富士通と武田薬品、国立がん研究センターと卵巣がん患者のペイシェントジャーニーの分析・可視化に向けた共同研究を開始
2021年05月17日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>