2024年07月04日 09時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、オーストラリア国立大学と量子コンピューティング分野のイノベーションと人材育成を推進する覚書を締結

東京, 2024年7月4日 - (JCN Newswire) - Fujitsu Australia Limited(以下、富士通オーストラリア)(注1)は、オーストラリア有数の高等教育機関であるThe Australian National University(以下、オーストラリア国立大学)(注2)と、量子コンピューティング分野のイノベーションと人材育成を推進する覚書を2024年7月3日に締結しました。本覚書に基づき、富士通オーストラリアは、日本に設置された富士通の量子シミュレータなどの量子コンピューティング技術により、オーストラリア国立大学の研究者の教育プログラムの開発を支援します。さらに将来的に両者は、量子計算分野における共同研究組織を設立し、オーストラリアの研究者や政府および業界の専門家が量子コンピュータ技術を開発できるよう支援するため、オーストラリア国立大学内に量子コンピュータを設置するための検討を進めていきます。オーストラリア国立大学内に設置予定の量子コンピュータは、オーストラリアの専門家に新興技術を活用できる環境を提供し、暗号、材料科学、量子シミュレーションなどの分野での高度な研究を可能にするものです。

富士通オーストラリアは、オーストラリアの量子研究と産業を繋ぎ、量子コンピューティング分野への投資、成長を加速させ、世界との競争を目指すオーストラリアの国家量子戦略に基づき、持続可能な世界のために、安全で責任あるデジタル技術を創造するオーストラリア国立大学のビジョンを支援し、オーストラリアと全世界へ貢献していきます。

富士通は、量子コンピューティング分野において、超伝導量子コンピュータと量子シミュレータを連携させたハイブリッド量子コンピューティングプラットフォームの開発や量子化学計算分野をはじめとする量子アプリケーションの開発を進めるとともに、日本ベンダーとして初めて商用量子コンピュータシステムを受注しており、さらに、国立研究開発法人理化学研究所(注3)様と協力して2025年3月に256量子ビット、2026年度には1,000量子ビット超の超伝導量子コンピュータを開発する計画を策定しています。

富士通株式会社 執行役員 EVP Asia PacificリージョンGraeme Beardsell(グレーム・ベアードセル)のコメント

富士通では、コンピューティングの将来に向けたイノベーションを強化しており、量子コンピューティング技術においても継続的な投資を行い、他者との戦略的なコラボレーションを活用して、世界初の誤り耐性量子コンピュータ(注4)の開発に向けた世界的な競争の最前線に立っています。

オーストラリアは、量子コンピューティング分野に対する明確な国家戦略があり、富士通はそれに貢献していきます。私たちは量子コンピューティング技術を開発するだけでなく、それらをもとに、企業や研究機関とのコラボレーションを促進しており、次の量子コンピューティング技術のブレークスルーは、世界中の優秀な研究者のネットワークからもたらされると信じています。

オーストラリア国立大学 副学長(研究・イノベーション担当) Lachlan Blackhall(ラックラン・ブラックホール)教授のコメント

富士通オーストラリアとの覚書締結は、量子コンピューティングを含む新技術に関する高等教育を推進するオーストラリア国立大学の指針に基づくものであり、オーストラリア国内での量子コンピューティング分野の研究者育成を促進するものです。オーストラリア国立大学は、本覚書の締結が同大学の強みである量子光学と量子アルゴリズムの研究の発展につながることを期待しています。さらに本覚書は、基礎量子物理学分野の研究を支援することにもつながり、これは量子コンピューティング技術の可能性を広げ、量子コンピューティング技術を実用化するために大きく貢献するものであると考えています。

URL https://pr.fujitsu.com/jp/news/2024/07/4.html 

Source: Fujitsu Ltd
セクター: IT

Copyright ©2024 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、フェイクニュースの社会課題を解決する偽情報対策システムの研究開発を加速
2024年07月19日 10時30分
 
富士通とCohere、企業向け生成AIの提供に向けた戦略的パートナーシップを締結し、共同開発を開始
2024年07月16日 13時00分
 
富士通Japan、取締役人事について発表
2024年07月01日 10時30分
 
北海道神恵内村、富士通Japanと連携し村民の歯・口腔に対する意識向上、行動変容を促進
2024年06月19日 10時00分
 
産業技術総合研究所様が富士通の超伝導量子コンピュータシステムの導入を決定
2024年06月18日 16時45分
 
富士通、サステナブルな社会実現に向け、社会課題解決に挑戦する企業へのインパクト投資を開始
2024年06月17日 10時34分
 
富士通、世界初の技術で企業ニーズに対応した特化型生成AIを自動生成 エンタープライズ生成AIフレームワークを提供
2024年06月04日 11時10分
 
順天堂大学と富士通Japan、デジタル技術の活用によるレジリエントな災害医療体制の構築に向けた共同研究講座を開始
2024年06月03日 12時00分
 
富士通とTMIP、丸の内エリアにて音をからだで感じるユーザインタフェース「Ontenna」を活用した取り組みを開始
2024年05月31日 11時00分
 
富士通、データとAIを活用し、パナソニックEW社様のレジリエントなサプライチェーンマネジメントを実現
2024年05月29日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>