2021年03月09日 14時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、9大学2研究所連合による共同運用データプラットフォームが稼働開始
Society 5.0実現に向けたデータ利活用基盤として全国の大学や研究機関が活用

東京, 2021年03月09日 - (JCN Newswire) - 当社は、9大学と2研究所(注1)が共同運用する、Society 5.0(注2)が目指すデータ集約社会を実現するための新たな基盤である、データ活用社会創成プラットフォーム(以下、本プラットフォーム)を構築しました。本プラットフォームは、2021年3月9日より稼働開始します。

本プラットフォームは、国立大学法人東京大学 柏IIキャンパス 総合研究棟に2021年3月に設置され、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(以下、NII)が運用する学術情報ネットワーク「SINET(注3)」と連携し、全国の大学や研究機関などへ幅広く、計算資源およびデータ収集・蓄積・解析機能を提供します。そのため、本プラットフォームは、最新CPUを搭載した「FUJITSU Server PRIMERGY CX2550(以下、PRIMERGY CX2550)」の次期モデル368台とハイエンドGPU(注4)を搭載した「FUJITSU Server PRIMERGY GX2570(以下、PRIMERGY GX2570)」の次期モデル40台、合計27ペタバイトのストレージシステムなどで構成され、高速計算処理や大容量データの利活用を実現します。

当社は、本プラットフォームの提供を通じて、全国の大学・研究機関における、データを活用した最先端の研究を強力に支援していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/03/9.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, IT

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NTTと富士通、「持続可能な未来型デジタル社会の実現」に向けた戦略的業務提携に合意
2021年04月26日 13時00分
 
富士通など8社、個人と企業が互いの成長に貢献し合う関係性の社会実装を目指す「キャリアオーナーシップとはたらく未来コンソーシアム」を発足
2021年04月20日 10時30分
 
富士通、グループにおける温室効果ガス排出削減目標を「1.5度水準」に引き上げ
2021年04月16日 10時00分
 
富士通、モビリティデータの利活用を支援する統合基盤「Digital Twin Collector」を販売開始
2021年04月15日 10時00分
 
富士通、法人向けパソコン・タブレット・シンクライアント計9機種を新発売
2021年04月13日 10時30分
 
富士通、気象庁の「地域気象観測システム」などの中枢システムを刷新し、同庁のシステムを集約する仮想化基盤「気象庁情報システム基盤」上で統合運用開始
2021年04月13日 10時00分
 
富士通、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアとのパートナーシップにより、製造業のグローバル競争力強化とDX加速、およびSDGs達成を支援
2021年04月12日 11時00分
 
富士通、「GIGAスクール構想」に対応した漢検協会のデジタル学習コンテンツを国内初提供
2021年04月09日 10時00分
 
富士通とトレンドマイクロ、商用化に向けたローカル5G対応のサイバーセキュリティソリューションを実証
2021年04月08日 10時00分
 
富士通とパロアルトネットワークス、ゼロトラストネットワーク事業で協業
2021年04月07日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>