2021年05月26日 14時00分

Source: Sony

ソニーグループ、2021年度経営方針説明会を開催
Purposeを軸にグループの多様な強みを活かし、長期視点での価値創出と事業の進化・成長を目指す

東京, 2021年05月26日 - (JCN Newswire) - 本日、ソニーグループ株式会社(以下、「ソニー」)は、2021年度経営方針説明会を開催しました。

説明会では、会長 兼 社長 CEOの吉田憲一郎が、CEO就任以来過去3年で定着させてきた「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」というソニーのPurpose(存在意義)を軸に、テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニーとしての長期視点での経営方針について、「クリエイティビティ」「テクノロジー」「世界(コミュニティ)」をキーワードに説明しました。

そして、ソニーがクリエイターたちと創るコンテンツを通した感動をより多くのユーザーに届けることを目指して、Direct-to-Consumer(DTC)領域での外部パートナーとの協業を引き続き重視していくことに加え、世界でエンタテインメントを動機としてソニーグループと直接つながる人を現在の約1.6億人から10億人に広げる取り組みや投資を、特にモバイル、ソーシャルの領域で加速していくと述べました。

また、その一環として、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、「SIE」) 社長 兼 CEOのジム・ライアンが「プレイステーション(R)」では、IPへの投資や、ソニーグループ内のコラボレーション、ソーシャルやモバイルへの投資を通じて、コミュニティを継続的に拡大していくと語りました。

ソニーは、Purposeを軸にグループの多様な強みを活かして、長期視点でクリエイターとユーザーに新たな価値を創出し、事業の進化・成長に引き続きつなげてまいります。

概要は以下の通りですが、詳細については、当社コーポレートサイトに掲載するスピーチ原稿・スライド・アーカイブ映像をご参照ください。

1.これまでの中期経営計画(2012年度〜2020年度)の振り返り

「感動」とその主体である「人」を経営の軸として取り組み、主に以下を実現。

ブランデッドハードウェア事業の収益力強化
- 本社を含む構造改革を実施し、規模を追わず、プレミアム商品に集中。
- 安定的なキャッシュ・フローを創出し、モバイル事業の黒字化も達成。

デバイス領域におけるCMOSイメージセンサーへの集中
- デバイス領域における経営リソースをCMOSイメージセンサーに集中し、「イメージングだけでなく、センシングでも世界No.1となる」という長期目標の下、CMOSイメージセンサーの事業競争力の強化施策を実行。

コンテンツIP、DTCへの投資
- EMI Music Publishingの買収を契機に、特に過去3年で投資を加速。
- ゲーム&ネットワークサービス分野では、ネットワークの売上が2013年度から2020年度で約10倍に成長。

2.現状認識

長期的な成長に向けた基盤として、財務面での投資力向上とグループ連携強化に向けたグループアーキテクチャの整備を実現。

財務面:投資力の向上
- グループ全体のキャッシュ・フロー創出力が大幅に向上し、財務基盤も強化。

グループアーキテクチャ:グループ連携強化のための体制整備
- 経営の上位概念である「感動」を実現するための、新しいグループアーキテクチャを2021年4月に発足。
- 全ての事業と等距離で関わるソニーグループ株式会社のミッションを、「人と技術を通じて事業の進化をリードし、支える」ことと定義。
- 全ての事業で2017年以降に就任したトップから成る自立した経営チームの組成。

3.Purposeを軸とした価値創出

「感動」という経営の軸及び「人に近づく」という経営の方向性は不変。さらなる進化のために、「サービス」「モバイル」「ソーシャル」における以下のような環境変化を機会として捉え、投資力と多様な事業間のグループ連携体制を活かして、Purposeを基軸に据えた進化・成長を目指す。

- サービス:サブスクリプションモデルがエンタテインメント市場の成長を牽引
- モバイル:スマートフォンがエンタテインメントやソーシャルにとって不可欠なインフラに発展
- ソーシャル:エンタテインメントと融合しコンテンツの新しいつくり方・広がり方を創出

テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニーの長期視点での経営方針として、「クリエイティビティ」「テクノロジー」「世界(コミュニティ)」をキーワードに価値を創造していく。また、この実現に向けて、2021年度から2023年度の3年間で2兆円の戦略投資枠を設定し、引き続き(1)IP/DTC、(2)テクノロジー、(3)自己株式取得、の優先順位で積極的に成長投資を継続する。

「クリエイティビティ」

クリエイティビティを発揮する場の提供と、作品価値の最大化
-『鬼滅の刃』は、原作コミックをアニメ、映画、音楽、そして今後予定しているゲームに展開するなど、ソニーグループの多様な事業を活かして、クリエイターが創り出した作品の価値最大化に取り組んでいる事例の一つ。
- ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(以下、「SPE」)とSIEとの協業による「プレイステーション(R)」ゲームのヒットタイトルである『Uncharted』の映画化を始め、ゲームIPの映画化・テレビ番組化のプロジェクトが複数進行中。
- その他、SPEとソニーミュージックの連携などグループの多様な事業を活かして、クリエイターがクリエイティビティを最大限に発揮することに貢献。

より多くのクリエイターに近づく
- 音楽事業では当社レーベルに所属するアーティストやThe Orchardを通じた独立系レーベル所属アーティストに加え、今月買収を完了したAWALを通じ、どのレーベルにも所属せずに活動する個々のアーティストへもサービスを広げていく。

「テクノロジー」

クリエイター向けの「クリエーションテクノロジー」とユーザー向けの「体験テクノロジー」の両方を提供することで人々に感動を届けていく

ソニーグループが創業以来蓄積してきた音と映像の技術を中心とする「クリエーションテクノロジー」
- スマートフォンのキーデバイスとして世界中のユーザーがクリエイターになることに貢献するCMOSイメージセンサー
- イメージング、センシング、ロボティクスなどの技術を集約したクリエイターのためのドローンAirpeak
- 高解像とスピード性能でクリエイターの表現の幅を広げるミラーレスカメラAlpha(TM)
- 高精細なLEDディスプレイを活用した映画撮影向けのバーチャルプロダクション

音と映像の技術を盛り込んだ商品群で、感動コンテンツの楽しみを提供する「体験テクノロジー」
-「プレイステーション(R)5」でリアリティがありリアルタイムで没入感のあるゲーム体験を提供する音と映像、そしてコントローラー触覚のテクノロジー
-「プレイステーション(R)ヴィーアール」で培った知見を活かした、次世代VRシステムに搭載予定の最新のセンシングテクノロジー
- ソニーAIとSIEが共同開発中のゲーム体験をより豊かにするAIテクノロジー

「世界(コミュニティ)」

コミュニティ・オブ・インタレストの拡大・活性化
「プレイステーション(TM)ネットワーク」、FunimationなどのDTCサービスや、アニメとゲームの連携などを通じて、様々なエンタテインメントを軸にクリエイターとユーザーがつながるコミュニティ・オブ・インタレスト(感動体験や関心を共有する人のコミュニティ)の形成・活性化に貢献し、世界を感動で満たしていく。

ソニーグループとつながる人の拡大
コミュニティをさらに広げるために、ゲーム・映画・音楽といったエンタテインメント事業間の連携や外部パートナーとの協業に加えて、「サービス」「モバイル」「ソーシャル」での取り組みを通じて、世界でエンタテインメントを動機としてソニーグループと直接つながる人を現在の約1.6億人から10億人に広げる。

- ソニーグループ最大のDTCサービスかつ最大のコミュニティである「プレイステーション(TM)ネットワーク」におけるユーザーエンゲージメントの向上と拡大を目指し、クラウドストリーミングゲームサービス「プレイステーション™ナウ」の進化や、ソフトウェアの強化に向けた自社スタジオへの投資、外部スタジオへの出資や協業などにも取り組む。
-「Fate/Grand Order」に代表されるアニメ関連IPのグローバル展開や、「プレイステーション(R)」のIPのモバイル展開を行っていく。
-「プレイステーション(R)」では、IPへの投資や、ソニーグループ内のコラボレーション、ソーシャルやモバイルへの出資を通じて、コミュニティを継続的に拡大していく。

社会の安全性、生産性向上と地球環境に貢献する「モビリティ」と「IoTセンシング」
- モビリティの進化に貢献することを目指し、探索領域としてVISION-S Prototypeの開発を推進。
- 車載センシング技術により、モビリティの安全に貢献するとともに、移動空間を新たなエンタテインメントの場へと進化させることを目指す。
- センシング技術は社会の生産性向上につながるIoTの進化にも貢献するテクノロジー。CMOSイメージセンサーを用いたエッジソリューションの提供による、リテール等での実証実験を進めている。AIを用いた分散データ処理により、情報量と消費電力を大幅に削減することで環境負荷低減に寄与するとともに、セキュリティ・プライバシーにも配慮する。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.com/ja/SonyInfo/News/Press/202105/21-036/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony
セクター: IT, アート・デザイン, アントレプレナー, デジタル

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニー、プロフェッショナル向けドローン Airpeak S1を発売
2021年06月10日 13時00分
 
ソニー、フルフレームイメージセンサー搭載CineAltaカメラ『VENICE』の意匠で令和3年度全国発明表彰「発明協会会長賞」を受賞
2021年05月25日 15時00分
 
ソニー、コンパクトボディに長時間安心して使える大容量バッテリーを搭載したエントリースマートフォン『Xperia Ace II』を商品化
2021年05月19日 16時00分
 
Sony Music Entertainment によるKobalt Music Group Limited の一部の事業買収完了のお知らせ
2021年05月19日 16時00分
 
ソニーグループとVodafone Germany、VISION-S Prototypeの5G走行試験を開始
2021年04月21日 15時00分
 
ソニー、5Gフラッグシップスマートフォン『Xperia 1 III』を商品化
2021年04月14日 23時27分
 
WWFジャパンとソニーグループがコーポレート・パートナーシップ契約を締結
2021年04月14日 23時00分
 
ソニー、5G対応と大容量バッテリー搭載を実現したハンドフィットサイズのミッドレンジスマートフォン『Xperia 10 III』を商品化
2021年04月14日 18時30分
 
ソニーとセーブ・ザ・チルドレン、災害に強い「レジリエントなコミュニティづくり」を共同で推進
2021年03月11日 13時00分
 
ソニー、業界最多有効1億2,768万画素のグローバルシャッター機能搭載 大型CMOSイメージセンサーを産業機器向けに商品化
2021年03月10日 09時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>