2024年05月31日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通とTMIP、丸の内エリアにて音をからだで感じるユーザインタフェース「Ontenna」を活用した取り組みを開始
多様な人材が共に楽しむ未来の実現を目指す

東京, 2024年5月31日 - (JCN Newswire) - 富士通株式会社(以下 富士通)と一般社団法人TMIPは、2024年5月から、丸の内エリアで開催するスポーツ・文化団体イベントにおいて、富士通が開発した、音をからだで感じるユーザインタフェース「Ontenna(オンテナ)」を活用し、ろう・難聴者、聴者が共に楽しむ価値創造を推進する取り組みを開始しました。「Ontenna」を活用した様々な取り組みは、企業内で社会起業家的に活動するソーシャル・イントラプレナーの実践例として、第1回「TMIP Innovation Award」で優秀賞を受賞するなど高く評価されています。

イノベーションの創出を目指す産官学のオープンイノベーションプラットフォーム「Tokyo Marunouchi Innovation Platform」(以下 TMIP)の機能を有する三菱地所株式会社は、「三菱地所グループのサステナビリティビジョン2050」を制定し、多様な人々が幸せに働き、暮らせるまちづくりを推進しています。

このたびの連携により、多様な人材が集積する丸の内エリアで開催される様々なイベントにおいて、臨場感や一体感によるイベントの体験価値を高めることができます。さらに、言語に依存しない「Ontenna」の活用により、障害の有無や国籍を問わず新しい楽しみ方を提供することができ、共生社会の実現に向けた一つの啓発モデルになると考え、丸の内エリアでの連携を拡大してまいります。

丸の内エリアでの「Ontenna」を活用したスポーツや音楽イベントなど臨場感や一体感を感じることができる場を提供

丸の内エリアでの「Ontenna」を活用したスポーツや音楽イベントなど臨場感や一体感を感じることができる場を提供

「Ontenna」を活用した丸の内エリアのイベント実績

-ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2024大手町・丸の内・有楽町 エリアコンサート

5月2日(木)から5月5日(日・祝)開催期間のうち、5月3日(金)~5月5日(日・祝)一部プログラムにて「Ontenna」を活用 

-「三菱地所のShall We コンサート(出張コンサート)」

5月30日(木)東京都立小平特別支援学校 武蔵分教室にて、学校訪問型の演奏会を開催(演奏者:NHK交響楽団) ※「三菱地所のShall We コンサート(出張コンサート)」とは、外出の機会が限られ生の音楽に触れる機会が少ない特別支援学校の生徒の皆さんを対象に、プロの音楽家と学校へ訪問し、音楽の楽しさと魅力に触れてもらうとともに、楽器や音楽について学ぶ機会の創出を目的としたものです。2004年度よりスタートし、これまでに延べ100回以上、1万人以上の生徒の皆さんに生の音楽をお届けしています。

「Ontenna」について

「Ontenna」は、髪の毛や耳たぶ、えり元やそで口などに身に付けて使用することができ、約60から90dBの音を256段階の振動と光に変換し伝達することで音の特徴をからだで感じる全く新しいユーザインタフェースです。ろう・難聴者と聴者が共に楽しむ未来を目指し、ろう・難聴者と協働で開発しました。これまでに国内の8割以上のろう学校に導入され、発話練習やリズム練習、STEAM教育(注1)などに活用されています。

富士通は、マテリアリティの一つに、顧客・生活者体験の向上をはじめとする「人々のウェルビーイングの向上」を貢献分野として明確化しています。これらについて、お客様やパートナーとのコラボレーションを進め、社会課題の解決と持続的成長につなげていくことを目指しています。

「Ontenna」を活用した取り組みによって、映画やスポーツ観戦、音楽ライブ、狂言などの様々なイベントにおいて、ろう・難聴者だけでなく、聴者の方々に対しても臨場感や一体感を与えるような価値のある体験を生み出しています。

「Ontenna」装着イメージ「Ontenna」装着イメージ

TMIP(Tokyo Marunouchi Innovation Platform)について

TMIP は、一般社団法人TMIPが運営する組織で、丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)のイノベーション・エコシステム形成に向けて、大企業とスタートアップ・官・ 学が連携して社会課題を解決することで、イノベーションの創出を支援するオープンイノベーションプラットフォームです。会員、パートナーを含めると 250 社を超える組織になります。

TMIP Innovation Awardとは

大企業を対象として「社内外の壁を越えて新たな価値・事業創出に取り組んでいる優れた事例」を表彰する制度。近年、大企業における新規事業・イノベーション創出が重要な経営課題となる中、TMIPは本アワードを通じて新たなイノベーション創出のあり方を伝え、日本のイノベーション向上を目指しています。

URL https://pr.fujitsu.com/jp/news/2024/05/31.html 

Source: Fujitsu Ltd
セクター: IT

Copyright ©2024 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、世界初の技術で企業ニーズに対応した特化型生成AIを自動生成 エンタープライズ生成AIフレームワークを提供
2024年06月04日 11時10分
 
順天堂大学と富士通Japan、デジタル技術の活用によるレジリエントな災害医療体制の構築に向けた共同研究講座を開始
2024年06月03日 12時00分
 
富士通、データとAIを活用し、パナソニックEW社様のレジリエントなサプライチェーンマネジメントを実現
2024年05月29日 14時00分
 
富士通、IOWN構想の実現に向けて、新たなコネクティビティサービスを可能にする光伝送ソリューション「1FINITY T250」の提供を開始
2024年05月28日 11時38分
 
富士通、「Fujitsu Technology and Service Vision 2024」を策定
2024年05月23日 11時00分
 
富士通など、先端AI技術を活用したザトウクジラの来遊状況把握と観光振興への活用可能性の検証の取り組み強化について
2024年05月21日 12時00分
 
富士通、論理推論を可能とする大規模言語モデルの研究開発が「GENIAC」に採択
2024年05月17日 14時00分
 
富士通、スーパーコンピュータ「富岳」の世界ランキング結果を発表
2024年05月13日 19時00分
 
富士通、がんのタイプ分けなどのゲノム医療分野の課題を世界最高精度で解く、説明可能なAI技術を開発
2024年05月09日 13時30分
 
「富士通SX調査レポート2024」を公開、サステナビリティ経営成功のカギはデータ利活用
2024年04月23日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>